07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

TOYO

Author:TOYO
●デザイン住宅の入居者募集業務●大宮駅近くのテナント募集業務●不動産売買の仲介●企画●建設●賃貸管理やってます。 ㈱東洋土地開発 大宮西口店 TEL.048-650-2323 http://www.toyo-sumai.co.jp/

Facebook

リンク

Twitter

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

最新コメント

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

建物などの傾いた写真をきれいに補正してくれるアプリ

2014.09.01 17:00|建物の撮影と見せ方
 先日のFBでご紹介した、iPadで使用すると、とても便利のアプリをご紹介しました。
それは、コレ↓。
http://vimeo.com/96938825?from=outro-embed

 「SKRWT」は、写真の歪曲や傾きなどを補正してくれます。それも操作はいたって簡単。
且つ、思い通りに補正ができます。

 建物の外観や室内などを撮ったあとに、何だか、傾いていて変だなあ、とか、下から見上げて撮ったばかりに、上つぼまりの建物で格好悪いなあ、などと言った不満には、このアプリが解決してくれます。

 操作方法は
SKRWT - TUTORIAL  http://vimeo.com/96938825?from=outro-embed

下にこのアプリを利用して、補正前と補正後の写真を載せておきます。
ちなみに 写真の物件は、当社施工の賃貸専用住宅「新田ビレッジ フェアフィールド」です。
現在、満室稼働中。


ダウンロードはコチラ
https://itunes.apple.com/jp/app/skrwt/id834248867?mt=8
今の所、iOS対応のみのようです。
2014.9.1現在 200円有料です。


!cid_3007BEB0-A307-4EC7-BFFE-716F560CC80D_20140901171814767.jpg
補正前



!cid_CCC18BE0-D3AA-4408-A815-0DD3B32F49E5_2014090117181691d.jpg
補正後(上つぼまりと傾きを補正しました。実際の建物はこんな感じです。)

※私は 「SKRWT」 の営業の物ではないのであしからず。また、なにか不具合が生じても責任は撮れませんので、自己責任の上、ご利用ください。
スポンサーサイト

建物の撮影と見せ方  広角レンズ編

2014.05.21 20:03|建物の撮影と見せ方
広角レンズの画角の比較

建物の横の長さは約18m。建物から約9m程離れた地点で撮影したものです。

①から④までレンズの焦点距離によって、画角の相違がわかるかと思います。
①は14mm(35mm換算)です。建物全体と空や前面の道路まで写すことが出来ました。
②は18mm(35mm換算)です。建物の端が若干欠けてしまっていますが、だいたい全体が写っています。
③は24mm(35mm換算)です。建物の4分の3ぐらいは写りましたが、全体を写すことができていません。
④は28mm(35mm換算)です。建物全体の3分の2ぐらいは写りましたが、全体の雰囲気は捉えられるものの、部分的な写真となってしまいました。

※写真をクリックすると大きな写真で見ることができます。
14mm(35mm換算)
①14mm(35mm換算)時の画角


18mm(35mm換算
②18mm(35mm換算)時の画角


24mm(35mm換算)
③24mm(35mm換算)時の画角

28mm(35mm換算
④28mm(35mm換算)時の画角

 14mm~18mm(35mm換算)ぐらいですと、非常に重宝します。建物の外観や室内も撮るのに広範囲で写せて便利です。広角になればなるほど、画角が広くなるのでそれだけ、写せる範囲が広くなるわけですが、水平・垂直を出すのが難しくなってきます。水平・垂直出しができる水準器付のカメラと三脚の組み合わせが便利です。
 これから14mm相当のレンズを購入しようと検討されている方に、レンズ選びで気を付けてもらいたいのが、歪曲収差が極力抑えられているものや、歪曲収差を画像処理ソフトで修正できるレンズを選択することをお勧めいたします。
 
 
 24mm~28mm(35mm換算)のレンズは、最近のコンデジで採用されているレンズだったり、レンズ交換式のカメラの標準ズームだたりもしますね。デジタル一眼のレンズセットを購入するとだいたい24mmや28mm始まりのレンズですよね。
 建物の室内外を撮るには、役不足です。部分的に切り取って撮るには、広角過ぎて余計なものが写りこんでしまう場合が多いです。 
 
 設備や小物を撮る話しはいずれしたいと思います。
 
撮影の様子2
三脚立てて撮影

撮影の様子
機材:ボディ/オリンパス E-P5  レンズ/パナソニック  LUMIX G VARIO 7-14mm

撮影地:さいたま市見沼区中川 新田ビレッジフェアフィールド(当社施工)
※建築写真や建物竣工写真など本格的な撮影方法ではありませんのであしからず。



建物の撮影と見せ方 機材編

2014.05.10 19:22|建物の撮影と見せ方
建物の撮影と見せ方 機材編

建物の写真を撮るのには、先ずは用意するもの。

・デジタル一眼カメラのボディ
・超広角レンズ
・F値の明るい50mm(35mm判換算)ぐらいの単焦点のレンズ
・三脚+雲台

機材
 

 デジタル一眼カメラでなくとも、コンデジ(コンパクトデジタルカメラ)でも、建物の写真は撮れますが、
建物全体を撮りたい、室内を広範囲に撮りたいという要望に応えられないケースがほとんどです。ですので、建物の外観、室内
を撮る場合は、レンズ交換ができる、デジタル一眼カメラと超広角レンズの組み合わせをお勧めいたします。
私の物件撮影用のカメラは、オリンパス ペン E-P5をメインで使用しています。

 レンズは超広角レンズが一本あるだけで、物件の写真はガラッと変わります。コンデジでは、建物の一部分しか撮れなかったものが、建物全体を写すことができるようになったり、室内の端から端まで写せたりするようになったりします。

 私のお勧めは、不動産業者が物件を撮影するなら、12mm~18mm(35mm判換算)ぐらいがいいでしょう。
私が使用している超広角のズームレンズは、14mm-28mm(パナソニック LUMIX G VARIO 7-14mm/F4.0 ASPH)と18mm-36mm(M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6)を使用しています。旅行先で建物を撮られる方は、17mmぐらいから始まる広角のズームレンズだと使いやすいかもしれませんね。

 F値の明るい50mm(35mm判換算)ぐらい単焦点のレンズは、どういう時に使用するかと言いますと。小物や建物のパーツやボケを生かした写真を撮るときです。広角レンズですとどうしても、見せたい物以外まで写りこんでしまい、見せたいものが目立たなくなってしまいます。撮像素子の大きさにもよりますが、F値は1.4~1.8程度あると良いです。

 三脚+雲台は、カメラをしっかり固定するものです。プロのカメラマンは、天気の良い時でも三脚を使用しています。
使用する理由はブレさせない。水平、垂直をしっかり出す。ピントをしっかり合わせる。
 建物の外観と室内を撮影するときは、極力写っているものすべてにピントが合ったパンフォーカスな写真を撮りたいので、絞りを必要なだけ絞り込みます。そうすると、シャッタースピードはそれに伴って遅くなります。したがってブレた写真になりやすいのです。ブラシたくないから三脚にしっかりと固定させます。
 シャッタースピードが遅くならないようにISO感度を上げる方法もありますが、ISO感度を上げれば上げる程、写真のクオリティは下がっていきます。ISO感度は固定でISO100が基本です。ISO感度の話は何れまたの機会にお話しできればと思います。
 
 今回は、使用する機材をざっとお話ししました。その他にも、あると便利なグッズも徐々にご紹介いたします。
 

カメラとレンズ

株式会社 東洋土地開発 HP http://www.toyo-sumai.co.jp/


建物の撮影と見せ方

2014.05.02 18:25|建物の撮影と見せ方
建物の撮影と見せ方 

 皆さんは旅行に行って有名なお寺とか神社とか、綺麗な街並みなど撮る機会が多いのではないでしょうか。
 そして、不動産業者の方々は、建物の外観と室内の写真を撮る機会が多いですよね。
おそらくは、建築写真家以上にたくさんの建物を撮っているのではないでしょうか。

 しかし、建物の撮り方やどんなカメラを使えば良いのか、その辺りはプロの写真家ではないので、わからない方が多いことでしょう。

 不動産業者にとっては、撮った物件の写真は、広告などに載せる為の商品ですから、賃貸にしても売買にしても、
ネットなどで物件を探しているお客様に見ていただきたいので、綺麗に撮れている方が良いですよね。


!cid_6DA7ADFF-CBCB-41E2-AF97-92D8FBE94319_2014050219014572e.jpg
    さいたま市見沼区中川<新田ビレッジ フェアフィールド>



 さて、私は現場では、こんな感じ(下の写真)で撮影しています。
 カメラはデジタル一眼、レンズは超広角を多用しています。
カメラは三脚でしっかり固定します。必ずしも、三脚を使用しているわけではありませんが、天気の悪い日や夕方遅くや夜景だったりしますと、やはり三脚の使用します。

!cid_0683DE95-9B88-46D3-ABD7-43C8A2969884_20140502190145f70.jpg
    さいたま市見沼区中川<新田ビレッジ フェアフィールド>


 物件の撮影と見せ方は今回一回だけで話しつくせるものではないので、シリーズ化しようかと考えています。

 不動産業者の方々だけでなく、旅行先で気に入った建物があった時には上手く撮れたらな~とお思いの方、 今までに私が経験した物件撮影を基に、物件の撮り方や機材選びなど、少しでも皆様の参考になれたらなと思っております。

 私はプロの写真家ではないので、あくまでも皆様の助言になれたら嬉しいな と言った感じですので、ご了承ください。カメラ初心者クラス程度を対象にしたお話しですので、それ以上の方は建築写真家のお話を参考にしてください。


ではでは。

撮影地:さいたま市見沼区中川 新田ビレッジフェアフィールド(当社施工)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。